So-net無料ブログ作成
検索選択

今日という日を忘れないように [雑感]

 見てくれた人ごめんなさい。このエントリーは完全に個人的なメモです。
--

 2009年1月14日今日という日を忘れないように. . .連絡をもらったのは午前10時40分。自分でどう感じているのかもどう対応したらよいかも良くわからないままだが、ただひとつわかるのは奥さんがかわいそうだということだけ。

 ここまで育ててくれた両親を始め多くの人に感謝したいと素直に思えた。
--
butineko

ちょっと言わせてもらいたい「IPネットワークを利用したワンセグ放送の実証実験--読売テレビ主催のイベントで」 [雑感]

 CNET Japan「IPネットワークを利用したワンセグ放送の実証実験--読売テレビ主催のイベントで」を読んでちょっと思ったこと。

 読売テレビNTTドコモ日立製作所、および日立の子会社の共同実験らしいんだが、
特に、わくわく宝島会場においては、IPネットワーク経由でワンセグコンテンツを伝送する新しいアンテナ分岐、拡張方式を導入し、高層ビルが建ち並ぶ都市空間内でのワンセグ放送の配信を実現するとしている。


 読売テレビとNTTドコモに言いたい。そーまでして電波利権にこだわるのか、そこまでできてるならインターネットに流せばいいだろーに。できない理由ばかり並べやがって。

 既得権益がすべて悪いとは言わない。既得権益を得る為の努力があったはずだからこれを全部だめだ言うつもりもない。そんな事を言い出したら企業は利益を得られなくなる。でもTV局、携帯キャリアは権益を盾にちょっと欲張りすぎているのではないか。
 携帯キャリアと端末メーカーの関係は何とかならないのか?にも書いたのが、企業や政府による歪んだ価格形成や権益を盾に欲の皮が張りすぎた企業がはびこってしまうと、最終的に消費者のコストが下がらなくなったり、歪んだ価格形成による振幅が激しくなったりと、健全な社会からどんどんかけ離れてしまう。

 ちょうど今の時期の国内携帯端末メーカーの販売台数の落ち込みがそうだ。端末を最初から製造原価に見合う金額で出荷していれば、端末メーカーは相応の出荷台数で利益を出す方法を考えるか、統廃合や海外進出はによるスケールメリットを生かすしか生き残る道はなくなる。もっと早くからこういった取り組みを行っていれば国内端末メーカーは「ガラパゴス携帯」などといわれなくてもすんだかもしれない。

 だからiPhoneのように携帯キャリアの既得権益を破壊するものを応援したくなるのだ。iPhoneの価値は様々で決して1面だけでとらえてはいけないと思うが、価値の一つはこういった反既得権益的なところだと思う。

 だがAppleもうかうかしていられない。シェアをとった後に慢心していると自分が既得権益者と呼ばれる事になりかねないのだから。
--
butineko

携帯キャリアと端末メーカーの関係は何とかならないのか? [雑感]

 池田信夫氏の記事にも、AppleはiPhone 3Gの展開にあたって多くの国でのハードウェア販売を実現するために携帯キャリアへの圧力を弱めてしまったという内容があった。Appleには何とかキャリアと端末メーカーとの関係を変えてほしかったので残念至極である。

 SIMロック端末/ネットワーク/決済サービスを必ずセットで売るというのは、品薄のゲーム機本体と売れ残りゲームソフトを抱き合わせ販売する業者とどこが違うのだろうか?

 また、携帯電話の中古流通の問題がある。各社の割安プランには以下のような注意書きがある。
 docomoのバリュープラン
「バリュープラン」は、店頭の「バリューコース」用販売価格で当社指定の対象携帯電話機をご購入されたFOMAサービスご契約者がご加入対象となります。現金クレジットカードの他、「バリューコース」にてドコモが用意する分割払いにてご購入された場合でも「バリュープラン」にご加入いただけます。
 auのシンプルコース
質問: 新シンプルプランの申し込みの条件は? 回答: お申し込み条件は以下の2つの場合となります。 1. au買い方セレクトで「シンプルコース」を選択してau携帯電話を購入のお客さま。 ...


 割安プラン導入前の端末を拒否する程度の話なら分かるが、プラン導入以後の白ロム端末を販売店以外から調達した場合、なぜ割安プランに加入できないのか?キャリアは端末販売の利益と、ネットワークによる利益の分離を図ったのではなかったのか?

 以前大手量販店でナンバーポータビリティを利用して携帯電話を購入する際に旧機種の回収しないと売れないといわれたことがあるが、中古流通を阻むキャリア側の思惑があるように思えてならない。同じく池田信夫氏のblogで、インクカートリッジ「里帰り」の偽善という記事があるが、携帯電話の回収に関しても同じような理由で経産省ぐるみでやっているのではないだろうかとかんぐりたくなる。

 もちろんリサイクルを否定するわけではない。リサイクルは大いに結構だが1台の携帯電話から回収できる希少金属の価値はたかが知れている。現在のような短いサイクルの端末の買い替えが行われた場合、1,2年前の中古端末は通話/メール/インターネットの閲覧など十分な機能を有したままリサイクルされることになる。

 月額1000円程度の基本料金を前提に、1年前に発売された白ロムの中古端末を1000円で販売すれば需要は必ずあるだろう。このほうがよほど経済的にも価値があるように思えるのだが、通産省は中古の流通市場の活性化と携帯キャリアの割安プラン加入制限の撤廃を促すべきではないのか?

 極端な話、SIMロック禁止、携帯キャリアの端末販売禁止にしたらすっきりするのではなかろうか?
--
butineko


iPhone 3Gが167.5362円 (6/17 10:30現在 東京市場) [雑感]

 ドイツのT-Mobileが iPhone 3Gを条件付で1ユーロ(約170円)で販売するらしいという話が中島さんのlife is beautifulから伝わってきた。早速 RSSをあさると CNET JapanREUTERSでもすでに報じられている。

 問題なのはその条件。月額69ユーロ(直近レート約11500円)での支払プランに加入する必要があるらしい。しばらくユーロ高が続いているので、ドイツでの69ユーロというのは現地の生活水準レベルからすると日本円間換算よりもう少し割安感があるのかもしれないがそれにしてもこれは高い。

 既に e-mobileとdocomoに契約している身としては、端末価格が4~5万円なのは許せても月額1万円のランニングコストは許容できない。iPhoneが発売されればdocomoの契約は解除する予定だが、iPhoneがbluetoothかUSB経由でHSDPAモデム代わりにならない限りe-mobileは解約しないので2契約は並存する可能性が高い。

 そうなるとなんとかiPhone 3G でのnet経由使い放題で5000円(+従量制電話代+割賦料金があってもいい)くらいのプランを用意してくれないかとソフトバンクにお願いしたいところだ。もしHSDPAモデム代わりになるのならもう2~3千円程度追加してもかまわない。
--
butineko

iPhone 3Gの価格設定について [雑感]

 iPhone 3Gの価格が 199ドルと ZDNetの速報で報じられているのをきいて、間違いじゃないのかと半信半疑だったのだが、life is beautifulの中島さんのところでも報じられている事からどうやら間違ってはいないようだ。

 中島さんも書いているが、この金額で販売されて適切な月額料金でつなぎ放題になるなら相当魅力的なデバイスとなる事は間違いない。 日本でも相当数がでるのではないだろうか?

 これはちょっとえらい事になるかもしれないかという予感がしてきた。これだけのプラットフォームベースがある上に、 app Storeの販売チャネルが用意され、わんさかアプリケーションがあふれると相乗効果でiPhoneのシェアさらに拡大する流れになるかもしれない。

 昨日CNET JapanNEC 幹部の話として、iPhoneの潜在ユーザは「みんな2台もとうと思うだろう」などと書かれているが、高額な月額料金を2台分も個人で払おうという人がいるのか甚だ疑問だ。

 間違いなくみかかのお抱え業者の期待を裏切るようなシェアを実現するのではないだろうか?

iPhone ソフトバンクより7月11日発売 [雑感]

おもったより日本の出荷早かったなー。
世界の初期出荷と同時みたい。

サイトの更新はやはりアメリカでやっているのだろうか?
http://www.apple.co.jp配下の内容が随時更新されていくのを順次眺めていくのは面白かった。

日本の携帯の販売モデルをiPhoneの力でぶち破ってほしいものだ。

だがまだ販売条件等は決まってない模様。
ソフトバンクは今頃どたばたしてるんだろうなー。

ZDNetによるとなんかアメリカではiPhoneよかiPhone3Gのほうが安いらしいぞ。月額料金があがるのか?それともシェア拡大の為の金額設定か?

11:45 a.m.:16Gバイトモデルは299ドル。このモデルにはホワイトも用意されている。 11:44 a.m.:価格は、旧世代のiPhoneが399ドルになり、新しい3G iPhoneは8Gバイトで199ドル。

はやくSDKなど落として遊びたい。

丸レクの android セミナー(3回) [雑感]

 楽しみにしていた 丸山先生レクチャーシリーズの android が. . .
申し込み多数で抽選ではずれた . . . orz

 抽選申し込みのため(だけじゃないけど)に平日休んで JJUGカンファレンス出席したのにー. . .
○島さん 今度申し込んだときは当選させてください. . .

Webアプリ型BlogとTrackbackに関する疑問 [雑感]

 昨日とあるエンジニアが集まるとある会合に参加させていただいて、Blogなどをだいぶ前から書かれている諸先輩方と話をさせていただいている時の話。
 私が「最近Blogを書き始めたところの初心者なんですが、Trackbackがうまく先方に反映されないんですがWebアプリ型Blog(ここのこと)だと背後のサーバー同士でどう動いているかつかみようがないですよね...」などと愚痴ったところ、「それBlogに書けばいいんだよ」と言われ「おーなるほど!!」とか思って書いています。

 実際まだBlogを書き始めたばかりなので知識が浅いのだが、「MovableType」とか「GeekLog」とか「はてな」や「livedoor blog」だと、トラックバックの送信がいつのタイミングでなされて、先方に正しく受取られたかどうかなどは利用者側で正確に把握できるものなのだろうか?

 ここ(So-net blog)に関してtrackbackに関するヘルプなどを呼んでみたのだが、URLが誤っていた等で送信が受け付けられていないのか、それとも送信は受け付けられて先方のSPAM対策に引っ掛かっているのかなどは利用者が知るすべがなさそうなきがするのだが、そういったニーズはそもそも存在しないのだろうか?それとも普通はこんな疑問など全く抱かずに正常に動くもので、気する人がそもそもいないのだろうか。知ってる人がいたらコメント欄にでも書いてもらえるとありがたいです。

#とりあえず、以下の自分のBlogにTrackbackをはってみた。

http://blog.so-net.ne.jp/buti/2007-12-23/trackback

更新

 流石に自分のブログ内のTrackbackはすぐさま反映された...やはり先方側のもんだいなのだろうか?


メッセージを送る
RSS RSS

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。