So-net無料ブログ作成
検索選択

福田首相の辞任劇に思う事 [政治]

久しぶりに政治ネタである。

 先ほど福田首相の辞任会見が行われた。私は自民党の支持者ではないが、与党内では比較的政治スタイルが近い存在だったので多少残念に思う。
 この後の首相候補としては、世論の支持率が高い麻生さんかどこぞの派閥の首領かそんなところだろうと思われるが、与党から聞こえてくる発言を聞いているとお金を使う事や歳入を減らす事など、不景気の影にかかこつけて選挙受けする話ばかりが聞こえてくる。国と地方自治体がこれだけ借金をかかえた時代に財政規律を緩めるなど個人的には到底容認しがたい。

 税金や補助金をいじくり回す事自体には反対しない。しかし、税や補助をどうするかというのはこの国をどのようにすべきかという長期的な意思の上で修正されるべきである。国の意思を明確にしようとしない(できない)状態で目の前の問題だけにとらわれて短絡的な変更を繰り返してもシステムが複雑になるだけで何も良い事はない。間違っても今回の安直な金融税制議論のように減税ありきでいたずらに複雑にするのは全くもって支持できない。

 支持率が高い麻生さんにしても最近の発言を聞くと昔のことを思い出してしまい支持をしたい人でなくなってしまった。少し前の話になるが小泉元首相が選ばれた自民党総裁選当時の発言はそれはひどいものだった。当時麻生氏は亀井静香議員とならんで財政ばらまきの親分子分のような存在で財政規律なんてしったことかと言わんばかりの発言を繰り返し述べていたように思う。阿部首相時代の麻生氏の発言から、いくらか政治スタンスに変更があったように思ったのだがやはり思い過ごしであったようだ。

 そもそも地方への財政支出を拡大するなら一票格差を2倍以内に是正する方が先ではないのか?この点を是正せずにばらまきを進めれば、「効率的に票を集める為のばらまきだ」と批判されても到底反論できまい。

 最後に個人的な政治スタンスを書いておくので、上の内容はそれを割り引いて読んでほしい。

 ・財政規律重視派でプライマリーバランスの早期改善を希望
 ・支持政党は特にないが、2大政党制による現状打破を期待
 ・2大政党制は自民 対 民主よりは改革派 対 既得権益温存派
  (郵政反対派+道路族+農林族+旧社会党議員)による対立軸のほうがよほどすっきりする

 そして今、次に首相になってほしい人が誰もいない。だから残念なのである。

Simple is Best.
--
Butineko
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

歳出改革を無視した道路財源の温存案(11月15日日経社説より) [政治]

福田首相になってから何度目のため息だろうか. . .
国土交通省より道路特定財源の中期計画案が発表された。道路特定財源から一般財源に拠出するお金は10年間ないそうだ。作ろうとしている道路は地元の受注業者以外に価値がある道路なのだろうか?政治家には集票のために血税を使わないよう、後世に恥じない判断をしてほしいものである。道路に限らず日本の予算には無駄に使えるお金などどこにもないのである。
 こうなったのも小泉改革時の道路公団改革が骨抜きになったからだ。こういった記事を読む度に法案成立当時の古賀誠の不気味な笑顔を思い出されて気分が悪くなる。どうしてこういった政治家が当選できるのか?選挙区の住民の方々には地元のゼネコンの利益より長期にわたる日本の利益という観点から投票を期待したい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
メッセージを送る
RSS RSS

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。