So-net無料ブログ作成
検索選択

Windows7 (64bit) + ThinkPad + Intel 5350 (5150)でUQ WiMAX [趣味のPC]

windows7 前回、Vista(64bit)+ThinkPad X200s+Intel 5350でWiMAXの契約および接続についてのエントリーを書いたが、今度は同様のハードウェアでWindows7 Professional(64bit)正規版での接続を試してみた。

 結論から言うと大小の問題はあるかもしれないが、WiMAXの利用については支障はなさそうだ。
wimax7.jpg

 5350のドライバーについてはOSが32bit環境だとIntelのVista用のドライバーとLenovoのWindows 7BETA用のドライバーの選択肢があるが、64bitを選択した時点で選べる環境はなく、前回と同様にIntelのダウンロードセンターからVista用の64Bitドライバーを利用した。

 特に真剣に悩むことはなかったが、Early Adapterにはつきものの悩みもあったので、手順は記載しておく。

1.OSのインストール
  Windows 7 Professionalをクリーンインストール
2.USBメモリ経由で5350用のVista64bit用ドライバーをインストール
3.WiFiがつながったら、LenovoのSystem Updateをインストール
 ThinkPadはこれがなければ始まらないのだが、2009年10月4日現在 Windows7用はベータを含めていリリースされていない模様。やむを得ずVista対応版を入れる。
4.OSに対してWindows updateをかける。
 コンシューマリリース前にパッチが存在するのってどうよ。と突っ込まなければ問題なし。
5.System Updateでドライバー/ユーティリティを集める。
 System UpdateがVista用なのでここで注意。Vista用のPatchと思われるものはここでは全部はじいた上でドライバー等をインストール。
7.WiMAX網に接続
 なぜか、認証情報の書き込みフェーズが再度発生して、一時的にLenovoのAccess Connectionsをトレイから削除して書き込み終了。

 いざ、インターネットの海へ!

Simple is Best.
--
butineko

関連ブログ:
Lenovo 提供の Windows7の32bit/64bit用 5350ドライバーですこぶる快適。
 ・ThinkPadに64bit Windows 7 を導入してやったことのメモ
 ・ThinkPadと内臓Wimaxを利用したUQとの契約時の注意事項
 ・Intelの5350/5150 を使ったWiMAXとWiFiの同時利用(Gateway)について
 ・ThinkPad X200s(Vista 64bit)+WiMAX/WiFi Link 5350でUQ網に接続!
 ・ThinkPad で内蔵Wimaxモジュール(Intel WiMAX/WiFi link 5150/5350)を使う上での注意事項まとめ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 1

メッセージを送る
RSS RSS

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。