So-net無料ブログ作成
検索選択

ThinkPad マニアにお勧めのキーボード(USB トラックポイントキーボード) [趣味のPC]

 自分が利用しているデスクトップキーボードThinkPad同様にIBMびいきなのだが、今回やっと求めていたキーボードが発売されたので早速通販で手配。現在到着を待ってるところです。

TrackPoingUSB.gif今回出たのはThinkPad USB トラックポイントキーボードの日本語版で、欲しかったのはまさにこれ。前から「ThinkPlus USBトラベルキーボード ウルトラナビ付」のウルトラナビ無しをもう少し手ごろな値段で出してほしいと思っていたところだ。

 今回は新しいT400と同型のキーボードらしいのだが、ESC/Deleteなどが大きくなったり多少キー配列が違うらしいところはちょっと気になるところ。SpaceSaverII.gif

 これでMac mini用に使っていたSpaceSaverⅡ Keyboard をリプレースできる。

 キーボードには昔からこだわりがあるというかないというか、筆者の好みは106系の日本語キーボード。初代FM-TOWNS時代に小指の付け根と手首の間の部分でCtrl-Keyを押す癖をつけたので、"A"キーの左にCtrlキーがないのはデスクトップキーボードでは気にならないのだ。
 使っているキーボードはいろいろだがやっぱりIBM製のキーボードが多い。開発用でスペースが取れる場所ではテンキー付きの5576-A01や5576-B01もしくはずいぶん昔のChicony製106を利用していて、サーバ用にはスペースがもったいないのでテンキーレス、リビングPCはマウスの置き場所ももったいないのでテンキーレス+ポインティングデバイス付きのSpaceSaverⅡ Keyboard(写真右段上から2番目)を常用していた。
 このキーボードは、ストロークがデスクトップ並みでなかなか良いのだが、トラックポイントが重いのとストローク途中に引っかかることが多くストレスがたまっていたので前々から変えたいと思っていた。なかなかいいキーボードが見つからなくてずいぶん長い間困っていたのだがようやく代替が見つかけることができた。

 昨日早速、若松通商で注文したのだがその時の在庫が45あったにもかかわらず、翌日の今時点で既に16しか残っていない。もし少しでも早めにほしい人は急いだほうがいいかもしれない。それ以外でもぷらっとホームやamazonでも注文は受けているようだが納期は未定のようです。

 ちなみに下の写真は既に手放してしまった今の日本語キーボードの原型5576-A01です。
5576-A01.JPG
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る
RSS RSS

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。