So-net無料ブログ作成
検索選択

プログラマーからみたiPad(もしくはiTablet)のCPUアーキテクチャー予想 [iPhone/Mac関連]

 Appleから近々発売されるとうわさされるiPad(iTabletという噂もある)についてCNET Japanに考察があったので、プログラマーからみたCPUアーキテクチャについてちょっと考えてみよう。

以下CNETから引用
設計理念の土台になるのは、「iPhone」の大型版という概念なのだろうか。それとも、「MacBook」の小型版なのだろうか。筆者は、前者になると思う。なぜなら、この方がハードウェアおよびソフトウェアの自然な進化だからだ。しかし、今回は両方の選択肢について考察してみよう。

このまえiPhone・iPod touch ラボにも
真偽のほどは未知数としつつyoutubeの動画が紹介されていた。


これらを勘案してiPadの特徴として有力な噂を挙げてみるとこんな感じである。
  • 当然タッチパッドを中心としとUIでキーボードレス
  • 画面サイズはiPhoneよりでかいが10インチ未満程度
  • iPhoneアプリを複数起動する事が可能


 CNETの記事にもあるが、アップルはARM系のCPUに関してそれなりの投資をしており、既にカスタムチップを自分でこさえる事はさほど難しくない状況となっている。現時点で消費電力効率で劣るIntel CPUをわざわざ買いにいくとは思えないというのはそれなりの説得力のある話だ。

 ここでプログラマー的な視点でアーキテクチャーを考えてみることにする。

 ソフトウェア資産の継承という意味から考えると、Macアプリもそれなりに数がない事はないだろうが、勢い的にどう見てもiPhoneアプリのほうが優勢である。ことタップ操作を前提としたアプリケーションに限定してみるとすると、Macアプリではほぼ皆無という事になり、アップルの選択としては当然iPhoneアプリを中心に据える事になるだろう。

 で、iPhoneアプリを中心に据える事を前提とした時点でARM系CPUというのはほぼ決まりである。理由は簡単、ARM用に作られたiPhoneアプリはIntelCPU上でのハードウェアシミュレーションではまともな速度で動かす事ができないからだ。

 これはAndroidとiPhoneのSDKを両方あつかった事があるプログラマーにとっては周知の事実だ。AndroidもiPhoneとARM系という意味ではCPUアーキテクチャは同じで、両方のSDKにはそれぞれの端末のシミュレータがついているのだが、このシミュレータの速度に歴然とした差がついているのである。
 MacOS上で動くiPhone用のシミュレータは実機とほぼ同様の速度で動かす事が可能なのに対してAndroidSDK(少なくともベータ当時)のシミュレータでは実機の速度に遠く及ばない速度でしか動かすことができない。これはそれぞれのシミュレータにおいてシミュレーションの方式が異なっていたからだ。
 AndroidのシミュレータはARMのコードをそのまま実行できるようにARMのアーキテクチャーをシミュレートしており、簡単にいえばAndoroid用のバイナリーをそのまま持ってきてPC上で動かす事が可能だが、CPUのシミュレーションというコストが高い方法をとっている為に速度が出せないのだ。
 これに対してiPhone用のシミュレータはARM系のCPUをシミュレートするのではなく、最初からソースコードをIntel用バイナリーにコンパイルする事でシミュレータの速度を稼いだのである。これはOSやAPIをシミュレートしたといえばわかりやすいだろうか?

 上記の事実から考えると、現在AppleStoreに1万以上登録されているアプリケーションはすべてARM用にコンパイルされており、これをIntelのCPU上でまともに動かす事はかなり困難が伴う作業となるだろう。これを解決する為にはiPhone用のアプリケーション所有者にIntel用のバイナリーをコンパイル/テストした上で再登録してもらうか、Appleがコンパイルする事を前提にソースコードの提供を促すかのどちらかの方法をとるしかない。
 前者の場合は、どの程度普及するかわからないハードウェアの為にアプリケーションの提供者にコストを強いる事になり、もしアプリケーションの担当者に賛同されなかった場合はiPadの離陸に失敗する可能性を考えればアップルにとってリスクの高い賭けになる。後者の場合は知的所有権の問題もあり、とても実現するとは思えない選択だろう。

 また新APIなどが提供されてiPad用のアプリケーションマーケットが立ち上がる場合は、開発ツールさえそろっていればCPUのアーキテクチャーの差は問題にならず、ここでもIntelCPUという選択肢はない。

 という訳で、筆者の予想はARM系CPUに1万カノッサである。

Simple is best.
--
butineko


 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

メッセージを送る
RSS RSS

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。