So-net無料ブログ作成
検索選択

今日のモチベーションを維持する為に(中島 聡 出版記念トーク&サイン会) [システム開発]






 今日、life is beautifulのブロガー中島聡さんのトーク&サイン会に参加してきた。私がもっとも尊敬するエンジニアで、本にサインしていただく際に一言お話しする機会があったにもかかわらず、まともに会話できなかった自分がなんともふがいなく自己嫌悪しているところです。「エンジニアとして大変尊敬しています」 -> 「どういった点でですか?」 -> 「常に新しいことを... しどろもどろ」といった感じで気の利いた会話どころか尊敬している点をまったく表現できなくて残念でならなかった。

 帰り道テンションが落ち着いたことろで、まともに会話できていたら何を伝えたかったのか(どういった点を尊敬しているのか)を考えてみた。

まず、
 ・半端でないハイレベルエンジニアである(当たり前のようにハイレベルである)
 ・高いビジネススキルを持ち合わせている
 ・人の心を動かす文書を書き続けられること

とこまでは今まで思っていた点だが、
これに加えて今日お会いすることで自分の中でしっくりきた点として

 ・強い芯をもっていること
 ・本人自身におもてなしの心があふれている

という点を本人には伝えたかった。

 対談相手の海部美知やアスキーの遠藤編集長が話しているときも常ににこやかな表情をして、自分が話すときもユーモアにあふれた会話に富んでいる。またサイン会の際には、サイン希望者が話しかけると気さくに質問を返したり「あなたに興味があります」ビームが発散されていた。

 今日のトークの収穫としていろいろな「言葉」があがるが、これらはみなひとつひとつを取り上げてエントリーにしたいようなねたばかりだが、今日のところは忘れないように列挙しておき、自分の中で消化できたら少しづつ書いてみたいと思っている。

中島聡語録


マイクロソフトねた
「マイクロソフトではみんな頭がゲイツになってく」
「ミニゲイツ」(遠藤さん)
「変人と普通の人の間の『プチ変人』はいっぱいいてよい」



会社と従業員の関係について
「『普通そういうことはしないよ』という言葉の暴力」
  最初に就職した会社を辞める際に辞表を受け取ってもらえなかったときのエピソード
「ITゼネコン」
  SIベンダー全般のことだとおもうが、官僚接待の例をだしていたのは元いた会社のことか?
「エンジニアの幸せを伝えたい」
  Googleの売上げのうち9割の価値はエンジニアが作っているが、ITゼネコンの売上げの価値の9割は営業が作っている。
「日本人はナイーブな人が多い」
「上司がいやで『上司が悪い』というだけでは思考停止だ。上司がいやなら上司の上司にかけあえ」
「私は上司を二人クビにしている」
「上司と部下の関係」
  アメリカの会社は上司と部下の関係が強く、上司が会社を移るとみんなで出て行く
「技術を引っ張っているのは会社ではなく人である」
   (RISCの論文を出している会社が何社あっても、結局同じ人が書いている)
「会社は乗り物でしかない」
「会社の目標のためにはガソリンが必要でそのためにはまず最初に設ける必要がある」



エンジニアとして
「エンジニアはもっとビジネスを意識すべきだ」
「一定量のトラフィックを100台のサーバでこなすか、1台のサーバでこなせるかを決めているのはエンジニアである」
「その人にとっての財産は『会社を作ったときに来てくれる人がどれだけいるか』や    同僚が会社を作った時に『きてくれ』といわれるかどうかで、それは人生の武器になる」
「時間給のビジネスはいずれインドや中国と同じレベルになる」
「英語がなければ始まらない」
「なにかをきっかけにして変わる必要を感じたらとにかく続けること」  続けること、続けること、続けること
「継続しないと価値がない」



ついでで申し訳ないが海部美知さん語録
「プチ変人」
「シリコンバレーというぬるま湯」
「こんなんでいいのかっていうくらいぬるいですよね」
「そういう時代が来るかこないかではなくて、やるかやらないかです」


海部さんの発言でシリコンバレーにおける「エンジニアのぬるま湯」というのがあったのだが、
ぬるま湯という表現を海部さん自身が批判的につかっていたのか、
それとも肯定的に使っていたのかがよくわからなかった。

メモを元におこしているので一部発言者が違うかもしれないが、その点はご容赦!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る
RSS RSS

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。